男性用頻尿サプリランキング
女性用頻尿サプリランキング

頻尿に隠された意外な疾患

 

目次
1 頻尿に隠された意外な疾患
2 頻尿の放置によるうつ病
3 うつ病と男性更年期障害

 

医師

頻尿の原因は「うつ病」であることもあります。一見すると、うつ病と頻尿は関係が無いように思えるものの、うつ病が原因で頻尿が起こる可能性もあるのです。

 

 

一般的に、うつ病は精神的症状のイメージが強いものの、身体的症状として頻尿が現れることがあります。
さらに、うつ病の初期症状として頻尿を起こす場合もあるのです。
実際に、うつ病の人の約2〜3割に、頻尿や残尿感の症状が見られます。

 

頻尿の放置によるうつ病の発症

 

頻尿を放置した結果、うつ病に発展してしまうケースもあります。
頻尿だと感じた時、うつ病ではなかったとしても、自分が気付かないだけで既に過度なストレスを受けており、精神的負担がかかっていることは多いです。
そのストレスが溜まった状態を放置すると、いつの間にかうつ病になってしまっていることもあるでしょう。つまり、精神的な疲れが自覚症状となるのではなく、頻尿という自覚症状が出た場合に、放置することによって、うつ状態からうつ病へと進展してしまうのです。

 

また、うつ病が頻尿の原因の場合、身体的には健康で何も問題が無いため、泌尿器科の病院に行っても原因が分からないということになり、そのまま放置してしまうことも多々です。その場合は念のため、精神科の医師にも相談をしてみましょう。

 

何よりも「精神的な負担によって頻尿になることもある」ことを前もって知っていれば、思い当たる節も出てくることで、原因の特定がよりしやすくなるでしょう。

 

もし、あなたが最近1日に10回以上トイレに行くような頻尿症状が出てしまっているのであれば、対策として、普段とは違うストレスになりそうなものを避けて解消し、上手く発散してみましょう。

 

頻尿と感じたら早めに頻尿サプリで解消することも一つの方法です。
⇒頻尿サプリの情報はこちら

 

うつ病と頻尿に関わる病気、男性更年期障害

 

実は、うつ病と頻尿の両方と関わる、男性に特徴的な病気があります。
それは「男性更年期障害」です。

 

これは男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少することで起こります。特に、この男性更年期障害はうつ病を顕著な症状として発症させます。

 

そもそもテストステロンは抗うつ薬と同じように「一酸化窒素(NO)」を作り出す効果やストレス軽減効果があります。ですので、これが減少するとイライラしたり、うつ状態へと導かれます。

 

さらに、テストステロンの値が低いとうつ病になりやすいという研究結果も出ています。

 

脳にはこれまでに経験してきた恐怖や悲しみを蓄積している扁桃体と呼ばれる部分があります。

 

この扁桃体にはテストステロンと、ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンのコルチゾールが作用します。普段、テストステロンは扁桃体にしっかりと蓋をしています。

 

しかし、テストステロンが減ってコルチゾールが増えると、この蓋が開き、不安や悲しみが忍び寄ります。これにより、人をうつ状態へ導きます。
また、テストステロンは眠りを深くする作用があるので、減少すると良質な睡眠が妨げられ、これもうつ病へ導くこととなります

 

また、男性更年期障害が頻尿を引き起こす原因もはっきりしています。
テストステロンが減少してしまうことで、皮膚の張りが失われ、潤いが無くなることでかさかさの状態になってしまうのですが、こうした張りが失われる変化は体内の臓器でも起こります。
これによって尿道や膀胱の張りが失われ、萎縮することで、以前よりも尿が少ない状態でも尿意が現れ、排尿感が出てくる頻尿が起こるのです。

 

もしくは、テストステロンの減少によって起こったうつ病の初期症状及び身体的症状として頻尿が起こるという流れによるものもあるでしょう。

 

男性の頻尿対策にはノコギリヤシ成分が古来よりヨーロッパ諸国をはじめとして使用されています。
このノコギリヤシ成分配合のサプリメントを試してみることも一つの改善手段といえるでしょう。

 

⇒ノコギリヤシ成分配合のサプリメントのランキングはこちら

 

 

 

頻尿で困っている男性!それは「うつ病」かもしれません記事一覧

原因不明の頻尿と胃痛!答えは恐ろしい『自律神経失調症』!?頻尿を気にしている方で、チクチクと痛む胃痛にも悩んでおられる方はいらっしゃいますか?そして病院へ行っても原因が不明で困っていらっしゃる方はいませんか?これらの特徴がある症状は「自律神経失調症」の疑いがあります。

お腹の張り、何故起きる?よくある原因としてまず考えられるのは、腸内でガスが溜まることです。食事の際に食べ物や飲み物と一緒に吸い込んだ空気がゲップやおならとして出ますが、便秘などで腸の働きが鈍くなるとガスで腸が膨張し更に鈍くなるという悪循環に陥ります。これがお腹の張りに繋がるわけですね。お腹を温めたり、水分をしっかり摂ることで大抵解決するでしょう。それでもお通じがない場合、医者の診察を受けたほうがよ...

血尿の定義〜見た目での分類〜尿に血液が混じるという状態を血尿といいます。尿が赤い色をしていたり、黒っぽいなど目で見て明らかに分かる肉眼的血尿と、尿検査で尿中に血液が混じっていると分かる顕微鏡的血尿があります。今回は一般の人でも目で見てすぐ分かる肉眼的血尿が頻尿の症状と共に出た場合の病気について述べていきます。血尿の状態から簡易的に状況を判断する血尿の状態に注目することで、悪い部分がどんな状況なのか...

要注意!頻尿と疲労は身体の危険信号!一概に頻尿といっても、自覚症状に個人差がありますから判断は難しいところです。基本的には昼に5回程度、夜中に1〜2回程度なら平均的な排尿回数です。これが1日に10回を超えるようなら、病院での相談・検査が必要です。身体が冷えてトイレへ行く回数が増えたり、お酒を飲んだり、水分を多めに摂取したときなどはもちろん例外です。また夜にコ…ヒ…を飲んだりすると、カフェインは利尿...

夜間頻尿のメカニズムと潜む恐ろしい病気あなたは夜寝ている時に尿意で目を覚ましてしまうことはありませんか?実は、この夜間のトイレで起きてしまうことが日に一回でもあれば、「夜間頻尿」という状態なのです。臨床的には二回以上を問題にしているものの、この夜間頻尿で十分な睡眠が妨げられて生活の質(QOL)を落としているのであれば、本人にとっては由々しき問題です。ところで、この夜間頻尿はどのようにして起こるので...

おしっこと関連のある腹痛・腰痛と考えられる病気0歳以上になると、おしっこが近くなること、つまり頻尿がよく起こります。ただの頻尿でも不便で嫌なものです。ですが、頻尿だけでなく、腹痛または腰痛もしくはどちらもが痛いという方もいらっしゃいます。このような方は「もしかしたら、何か重い病気にかかっているかもしれない」と心配になるのではないでしょうか。そこで、この記事では、頻尿だけでなく腹痛や腰痛、またはその...

頻尿+体重増加=糖尿病? 頻尿+むくみ=心不全?「太っているとトイレが近くなる」という話を聞いたことがあります。それは、 一般に、肥満度が高いほど、尿意が近い「頻尿」や「夜間頻尿」の症状が現れやすくなることが知られているからです。消費カロリーよりも摂取カロリーが高い生活習慣をしていれば、普通に体重は増加して、普通に太ります。特に、お酒や甘味など、糖分の摂りすぎによる肥満の場合には、糖尿病に注意が必...