男性用頻尿サプリランキング
女性用頻尿サプリランキング

頻尿と病気の関係について知る

 

 

頻尿の原因は加齢による機能的な衰えばかりでなく、男性ホルモンによることが原因の場合もあります。
気がつかないまま過ごしてしまうと、頻尿だと思っていたのに、実は更年期障害から、うつ状態になっていたなどということも起こります。

 

 

一見すると、頻尿から更年期のは関係が無いように思えるものの、実は後になってわかったということもあるのです。

 

うつ病に身体的症状として頻尿が現れることがあります。
実際に、うつ病の人の約2〜3割に、頻尿や残尿感の症状が見られます。

 

頻尿の放置から睡眠障害

 

頻尿を放置した結果、重い睡眠障害にかかってしまうこともあります。

 

頻尿だと感じた時、自分が気付かないだけで既に過度なストレスを受けており、精神的負担がかかっていることは多いです。

 

そのストレスが溜まった状態を放置したままだといつの間にかよく眠れない日々が多くなりそのまま放置するとさらにはうつ病になってしまっていることもあるでしょう

 

目に見えない精神的なストレスが自覚症状となるのではなく、頻尿という自覚症状が出た場合に、放置することによって、睡眠障害からうつ状態へと進展してしまうのです。

 

逆に泌尿器科での疾患では何も見つからなくても、うつ病が頻尿の原因の場合、身体的には何も問題が無いため病院に行っても原因が分からないということになり、そのまま見過ごしてしまうことも多くあります。

 

中高年の男性の場合には、まさか自分がということを思っても、頻尿があまり続くようなら念のため、精神科の医師にも相談をしてみましょう。

 

精神的なストレスによって頻尿になることもあることを前もって知っていることこそ自分の身を守るすべということもありますからね。

 

実際管理人の私も、夜寝付いてから3時間くらいでトイレのために目覚めると、もう眠ることができず、朝までツライ思いしたのですが、私の場合は完全に泌尿器での疾患だったので、治療が済んでからは、睡眠障害もウソのように収まりました。

 

このように思い当たる節も出てくることで、原因の特定がよりしやすくなるでしょう。

 

 

もし、あなたが最近1日に10回以上トイレに行くような頻尿症状が出てしまっているのであれば、対策として、普段とは違うストレスになりそうなものを避けて解消し、上手く発散してみましょう。
頻尿と感じたら早めに頻尿サプリで解消することも一つの方法です。

頻尿と男性更年期障害

 

最近わりとポピュラーな話題として登場するようになったのが、頻尿と「男性更年期障害」があります。

 

これは男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少することで原因で起こります。特に、この男性更年期障害はうつ病を顕著な症状として発症させます。

 

男性の更年期障害で損なわれるテストステロンは抗うつ薬と同じように「一酸化窒素(NO)」を作り出す効果やストレス軽減効果があります。

 

そのため、テストステロンが減少するとイライラしたり、うつ状態へと導かれます。

 

テストステロンの減少と頻尿の関係

 

テストステロンが減少してしまうことで、身体の機能的には皮膚の張りが失われます。
そのため皮膚がかさかさの状態になってしまうのですが、このカサカサで張りが失われる変化は同じように体内の臓器にも起こります。

 

若い時と違って皮膚がたるんでくると、尿道や膀胱の張りが失われ、萎縮します。

 

そのため自分の感覚よりも尿が少ない状態でも尿意が現れ、たびたび排尿感が出てくる頻尿が起こるのです。

頻尿と病気の関係記事一覧

気になる排尿痛、その原因を知り、徹底した対策を取ろう!男性は加齢と共に前立腺が肥大化し、排尿のトラブルを抱えることが多くなります。泌尿器というプライベートな部位であることが関係して、医師の診断を避けたり、お薬の服薬をしなくなったりする方も多いようでうす。そんな中、排尿痛に悩まされる方が多いのです。そこで排尿痛の原因について解説します。

排尿の頻度で分かる?隠された病気を徹底分析せよ加齢による前立腺の肥大化。男性の排尿トラブルの1つに頻尿という症状があります。ホルモンバランスが崩れることで前立腺が肥大します。その前立腺の奥にある尿道の括約筋もまた衰えることで、頻尿は生じます。また、それ以外の原因もあります。最近注目されているのは、【糖尿病】関連の頻尿です。飽食の社会、先進国では【糖尿病】が増えており、成人男性の15%、成人女性の1...